診療案内

歯石の除去

歯ブラシでは落とすことのできない歯石。

歯垢が石のように固まってしまった状態を歯石と呼びますが、
健康な歯を保つには、最低でも半年から1年に1度は歯石の除去が必要です。

この歯石除去に最適な方法は、超音波によるクリーニングです。
街中で、メガネ屋さんが水を張った超音波式のメガネクリーナーを置いているのを見たことはないでしょうか。
これは、超音波を水を通してレンズに当てる事で、汚れが剥がれおちていく仕組みです。
細かく隅々まで届くので、数分間つけておくとレンズや金属部分がピカピカになります。

歯医者さんが使っているクリーニング機器も、同じような原理で、超音波による歯石クリーニングは、歯石を粉砕し歯がツルツルになったと感じます。

しかし、この便利な超音波クリーニング機器にも弱点があり、水道の冷たい水を叩く様な動きで歯にあてる為、水の冷たさによるキーンとする痛みや、当たった部分にジクっとする痛みが走ります。
また、インプラントや特殊なかぶせ物のに対しては使う事ができません。

超音波を使わないクリーニングは、ゴム状の掃除機器を使い、表面に傷をつけながら歯石を削りとる方法なので、細かい部分や直接当てられない部分の歯石は除去できません。その為、特殊なかぶせ物やインプラントについては、ゴム状の掃除機器をつかうか、あるいは、あきらめるしかありませんでした。

そこで、これらの問題点を克服すべく、開発された最新鋭の超音波クリーナーでは、超音波を伝える水に、温水を利用していますので、冷たさでキーンとする事はありません。
そして、振動の当て方も叩く様な動きではなく、円を書くような動きで伝えるため、振動がソフトで、ほとんど痛みを感じる事もありません。

さらに、従来のクリーニング機器では不可能だった、インプラントや特殊なかぶせ物に対しても歯石除去ができるので、高価なインプラントやかぶせ物を傷つける事なく長く保つことができます。

性能に関しては、ほぼ弱点の無くなった最新鋭の超音波クリーニング機器ですが、そこまでの性能の物となると、価格も非常に高い為、横浜の歯科医院への導入率は、わずか数%しかないという機器です。

港南台オレンジ歯科では、クライアントに最適な歯の環境を提供すべく、妥協する事なく、この最新かつ最高の超音波クリーニング機器を導入しております。

歯を健康に保ち、綺麗にリフレッシュをされたい方、以前に、歯石取りを諦めていたり、断られた方も安心してお気軽にスタッフに声をかけて下さい。

ページの先頭へ戻る

簡単ネット予約24時間受付中

ご予約について

アプラス「デンタルローン」

スタッフ募集

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 口腔外科
  • ホワイトニング
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 自費診療

フォトギャラリー

アクセスマップ

健康サポート

新城オレンジ歯科

相武台オレンジ歯科

多摩境オレンジ歯科

みなとみらいオレンジ歯科